企業情報

HOME企業情報採用情報 > 先輩新入社員のインタビュー

先輩新入社員のインタビュー

新入社員の声


 私はファイバレーザ製品の工程改善業務を担当しています。ものづくりにおいて、どうすれば不良が減らせるか、今よりも短い時間で作る方法はないか、無駄はないか、品質は担保できているかなど、現場を見て工程担当者や作業している方にヒアリングするなど、日々試行錯誤しています。改善のアイデアを考える際には固定観念に捉われないことを大切にしており、その提案したアイデアが実際に結果を生み出していることを目にすると、達成感とやりがいを感じられます。フジクラプレシジョンは事務所の仕切りがなく、困ったこと・分からないことを他部署の先輩・上司にも相談しやすいため、日々の業務に役立っています。
 私は大学では物理化学の専攻でレーザ光学の専門ではなく、また機械に関しては素人同然でした。入社当初、知識の不足している状態で会社に貢献できるのか不安でしたが、上司より「入社前に学んだ知識より、入社してからも学び続ける姿勢・経験が重要である」との言葉をいただき、精進すべく業務に取り組んでいます。日々学び、得た知識や経験を業務に生かすことは簡単ではありませんが、とても充実した毎日を過ごせています。


 









先輩社員の声





 私は高校の先生の勧めでフジクラプレシジョンに入社しました。
 入社当初はわ
からないことが多く不安なこともありました。しかし、新入社員のための教育が充実していて自分にないスキルを身につけることが出来て、不安が和らぎました。また、分からないこと等をすぐに相談できる先輩方のおかげで、今では安心して仕事をすることが出来ています。忙しいことも多いですが楽しく働けているので、この会社に入社して良かったと感じています。
 現在は光ファイバカッタの製作を担当しており、主に組立や調整を行っています。初めは精密機器に関する知識がありませんでしたが、ひとつひとつの工程を覚えていくうちに仕組みや構造を理解する事が出来ました。そのため、徐々にではありますが、問題が起こった際にも自分で考えて解決していけるようになってきました。習得した知識を行動につなげることで出来る事も増えていき、いろんな仕事を任せてもらえるためやりがいを感じます。
 これからは、生産ラインの状況をしっかりと把握し、適時適切な指示を出せるように成長したいと考えています。そして、世界のユーザーに認められる製品を今後も作り続けていきたいです。